top of page
haikei3.png
見出し伏流水.png

出汁は最初は少し薄く感じる方もいらっしゃるかと思います。

(特に冷やのかけ出汁はそう感じるかもしれません)

出汁は最後まで飲み干せる無添加、無化調の自然の素材だけを使った、

優しい味の中に深いコクを感じさせるものを目指しております。

7B99C9BE-3971-4C95-B17C-8B72B12CEDD4_edited.jpg

①全てはここから始まります 本日は甲斐駒ヶ岳の恵みを 感謝しながら頂きます 特に出汁の返しなどには 最適の伏流水です。

71EBCB46-1A07-4D34-820C-0CA225F50DC7_edited.jpg

②日々の日課である伏流水を たっぷりと投入して、 出汁作りのスタートが 始まります。

07AD054E-BB02-48DF-8917-71C731DBE9B4_edited.jpg

③一番最初に大量の昆布を 2 時間浸けこみます 昆布は北海道産の最上級の 羅臼昆布を使用します。

DB704694-CFEF-4563-AE3A-63598B84AE0B_edited.jpg

④昆布を入れた 2 時間後、 国産の原木干ししいたけ、 干し魚 2 種を投入して 冷蔵庫で 16 時間寝かします。

B64F8B50-9CAD-4044-A851-FDE38BC04964_edited.jpg

⑤翌日、前日の寸胴に火入れをし、 60 度まで温度を上げたら取り出し、 鰹節、宗田節、鯖節、うるめ節 他 2 種類の節を入れます 細心な温度管理と 取り出しのタイミングが とても重要になります。

AdobeStock_78409312_edited.jpg

⑥取り出した後、2 回漉します これで白だしの完成です この白だしがかけ出汁、 ぶっかけ出汁、ざるの出汁 の基本ベースになります 無添加、無化調の 身体に優しいお出汁を ぜひご賞味ください。

bottom of page